• トップ
  • 国外にいる外国人が日本で活動する場合の流れ

国外にいる外国人が日本で活動する場合の流れ

国外にいる外国人が日本で活動する場合の申請の流れ

 

1)外国にいる本人や日本にいる関係者(法定代理人など)から当事務所へ依頼

当事務所申請取次行政書士が申請書類を作成して入国管理局へ申請取次を行います。審査で問題なく認定されると在留資格認定証明書が交付されます。

在留資格認定証明書の有効期間は交付日から3ヶ月です。この期間内に日本に上陸しないと再申請になります。

 

2)当事務所のもとに届いた在留資格認定証明書を本国にいる外国人本人に郵送

 

3)本国でビザ申請

外国人本人は送付されてきた在留資格認定証明書を本国の日本大使館または領事館に、パスポートと共に提示申請をし、問題なければ、ビザ(査証)を発行してもらいます。

 

4)パスポートとビザを持って日本へ

日本の空港などで上陸申請、入国審査を受けて日本への上陸が許可されます。